中性脂肪対策には有酸素運動プラス無酸素運動が効果的?

ウォーキングにも慣れ、健康診断の結果も上々。でも、体型的にはブッブー(#^.^#)です。

やっぱり、筋肉をある程度増やさないと無理なのでしょう。でも、もう遅いのかも、、、年齢が、、、(;O;)

いえいえ、諦める必要などありません。以前、なにかのテレビで90歳過ぎても筋肉は鍛える事が可能だとか言っていました。なので、まだぜんぜん大丈夫!!

と、一安心したものの、、、で、何をする?となります。

このブログを通して、中性脂肪燃焼には有酸素運動が有効で、筋肉増強には無酸素運動が有効と勉強しました。無酸素運動、酸欠???呼吸困難になるくらいハードなの?

なんだか聞くだけでイヤになってしまいます。

なにせ、これまでのワタシには縁のない運動です。せいぜいウォーキング中の短時間ジョギングとか、階段を上るとか、心臓破りの坂道をウォーキングとか、、、やってきたのは、それくらい。しかも、これは有酸素運動。比較的負荷がかかるので、筋肉がつきやすいという程度の運動。

長年の生活で甘やかしてしまったこのカラダです。さすがに、それだけではダメなのでしょうか?それとも、もう少し長い目で見る必要があるのかな?と、ウダウダと考えてしまいます。

悩んでいても仕方がないので、まずは有酸素運動と無酸素運動の違い・どんな種類があるのかなど、キチンと調べてみたいと思います。

有酸素運動と無酸素運動の違いとは

運動には有酸素運動と無酸素運動の2種類がありますが、ここでは、ぞれぞれの違いについて、また中性脂肪対策に効果的なのはどちらなのかについてレポートしたいと思います。

有酸素運動

有酸素運動とは、運動の際深い呼吸で酸素を体内にしっかりと取り入れながら行う事により、脂肪・糖分の燃焼を促進する運動の事です。

体への負荷は比較的軽く、長い時間継続して行う事でその効果が得られます。

ウォーキング・ジョギング・水泳・縄跳び・サイクリング、室内ではステッパー運動・階段の上り下りなど、さまざまな種類があります。

人間の筋肉の約70%は下半身に集中していますが、有酸素運動では主にこの下半身の筋肉を使いますので、脂肪燃焼には効果的です。

同時に、血行促進・健康維持・美容やむくみの解消にも効果的が期待できます。

無酸素運動とは

一方無酸素運動は、体内の糖質のみをエネルギー源として行う運動を指しています。

無酸素運動は短時間で体に強い負荷を掛ける運動。筋肉に蓄えられた糖質をエネルギー源として使用します。

立て伏せ・スクワット・短距離走・ダンベルやバーベル運動・マシーントレーニングなどがこれに該当します。

脂肪燃焼に効果的なのはどっち?

では、有酸素運動と無酸素運動のどちらがより脂肪燃焼効果が高いのでしょうか?あるいはその両方なのでしょうか?

(有酸素運動の目的)

蓄積された体脂肪の燃焼を目的にしているのならば、有酸素運動を行いましょう。

有酸素運動は長い時間行う必要があるとさえていますが、5分や10分の短時間であっても、脂肪燃焼の効果は期待できます。

ただし、脂肪分解・燃焼にはある程度の時間がかかるため、30分以上継続して行う事がより効果的だとされています。

(無酸素運動)

無酸素運動の目的は筋肉量を増やす事。筋肉のついたメリハリのある体をつくりたい方はこの無酸素運動を行いましょう。

筋肉量が増加する=基礎代謝が上がります。基礎代謝は人間が生きているだけで必要とするエネルギー代謝であり、人間の活動エネルギーの70%をも占めています。

基礎代謝が上がるという事は、普段なにげなく生活しているだけで、脂肪が活発に燃焼しているという事になります。つまり、痩せやすい体質になるというわけです。

結論、それぞれの運動には目的があり、目的に合わせて選ぶ必要があるという事。

このふたつの運動を組み合わせて行うことで、脂肪燃焼効果がより期待できるという事になります。

有酸素運動と無酸素運動の両方が必要なのですね。

家庭内で行える無酸素運動

無酸素運動となると、トレーニングジムなどに通い行うのが一般的なイメージですが、時間がなくて通えない、という方も少なくないと思います。

じつは、無酸素運動にも屋内で簡単にできる物が多数あります。

胸・二の腕・体幹部に効果的な腕立て伏せ、ヒップ・太もも・お腹周りに効果的なスクワット、体幹部・内腿・ヒップに効果的なプランクなどがそれに該当します。

これらなら、ちょっとしたスペースがあれば問題なく行えます。

無酸素運動の注意点

毎日行える有酸素運動に比べ、無酸素運動には約2~3日の休息が必要です。無酸素運動は、筋肉に大きな負荷をかける運動ですので、運動後は筋肉がダメージを受けています。このダメージから回復させるために休息が必要なのです。

無酸素運動を行うなら、最低でも3日、理想的には3日に1回のペースで行いましょう。

まとめ

私には無酸素運動=ジム通い、、、そんな固定概念がありました。しかし、家庭内でも簡単に、しかも短時間取り入れられる運動も沢山ありました。

これらを実施する事で、脂肪燃焼効果があがるなら取り入れない手はありません。私の場合はスクワットかな?好きな映画や、撮りためたTVドラマを見ながらのスクワットなら何とか続けられそうです。

よし、今日から挑戦です。

参考:http://chu-say-she-boy.com/?cat=3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です